採用情報

宝永電機の新卒採用情報について

「やりがい」を知る

調光ビジネスとは、
どういったものですか?

現代において「照明」とは、今や生活のためだけに存在するものではありません。
明るさや色などの色彩とその動きを変幻自在に操ることで、「照明」を通して景観に新しい価値をまとわせることができる、そして、観る人の表情まで変えていくものになりました。私たちは商社として複数の仕入先と協力し“1品モノの「照明設備」”に携わっており、これが、私たちが手掛ける「調光ビジネス」です。

調光ビジネスにおける
チーム力・総合力について教えてください。

営業、生産管理、開発、調達、品質保証のセクションを有しており、互いの強力な連携で総合力を発揮することが重要です。お客様からの製造受託(EMS)として、新商品の試作検討から商品化、量産までを一気通貫で行う、商社でありながらメーカー同様の事業を展開しています。
有名な場所へ納入される案件も多く、それに携わったことを日常的に感じることができる点も魅力に感じています。

各担当者のそれぞれの
役割と仕事の魅力について教えてください。

【営業】
商談の窓口であり、お客様の信頼を得ることが何よりも重要です。先行受注情報や新商品の開発予定などを日々の営業活動の中で入手し情報を各セクションに展開し、優位性のある商品の開発に役立てます。時代のニーズを先取りしたシステム商品が多いため、市況動向などに敏感であることが重要です。
【生産管理】
価格および生産工程をコントロールするセクションで、各セクションとの連携、および協力工場との価格・納期調整を担います。案件ごとの個別仕様に合わせ、受注から設計・調達・組立・検査完了・出荷まで計画達成に向けてさまざまな業務を行うため、マネージメント力・交渉力・調整力を発揮することができます。計画全体を俯瞰して管理することができ、成果の共有から得られる信頼関係の醸成に魅力を感じています。
【調達】
電子・電気部品、加工品、在庫管理・納期管理・価格交渉などの調達を担い、幅広い分野での部品知識も求められます。当社は商社のため、実際のものづくりは協力工場が担っていますが、必要な部品の発注、在庫コントロール、適切な供給を実現するための「管理能力」が求められます。担当業務は幅広くOJTで学ぶことが多いので、理系・文系を問わず活躍できる業務です。
【開発】
技術的な知識や素養を生かして、量産品および特注品の設計・商品開発を担っています。「こんな事がしたい!こんな商品が欲しい!」というお客様の要望を形にすることが仕事です。一品一葉の製品を作り上げる過程では苦労も多いですが、自身が設計・開発した製品が全国の様々な施設で採用されているところを見ると、とても誇らしく、そして、やりがいを感じます。
【品質保証】
製品の検査手順を構築・指示したり、ものづくりを行っている協力工場へ実際に検査・指導などを行うことで、生産する製品の品質をコントロールする仕事です。
製品の品質を管理し、品質を検証し、そして継続して品質を高めていくために、学業で培った専門知識を生かせるだけでなく、様々な役割もった複数の人たちと協力し合う姿勢や、臨機応変に対応する力を身につけることが出来ます。

これまでの
成功事例を教えてください。

とある著名な照明設備を短納期かつ低コストで提供できないかと営業へ商談が入りました。
通常の工程では、部品の調達・工程・コスト的にも大変厳しい状況でしたが、著名案件の納入実績を残すことで、今後の受注機会の創出・拡大に繋げたいと考え、各セクション間で協議のうえ最善策を練り、受注しました。
受注後は厳しい局面も多々ありましたが、各セクション内はもちろん、各自の役割を超えて連携しフォローし合いながらさまざまな工夫を重ね、無事、プロジェクトを完遂することが出来ました。
商社でありながら“高い技術力を持っていること”、規模の大きな仕事も“チームワーク”や“総合力”で実現できること。
今後もこの強みを生かしながら、照明設備を通して私たちの生活を照らし彩っていきたいと思っています。